ニューボーンフォト撮影における最大の優先事項はお子さまの安全面です。

撮影にあたりお子さまへの安全の徹底、ご家族さまが安心して撮影を楽しんでいただけるよう日々、安全・衛生・環境に配慮し撮影させていただいております。

 

新生児のお子さまを撮影させていただくにあたり、新生児特有の身体のこと、安全面、ポージングなど安心して任せていただけるよう日々学び、安全を第一に考え撮影させていただいております。

ポージング撮影については新生児のお子さまの身体に無理のない安全なポージングをさせていただきます。掲載のお写真はほとんどがポージング撮影によるものですが、ポージング撮影にご抵抗がある場合はナチュラルなニューボーンフォトの撮影を行いますのでお申し付けください。

お持ちする布類・おくるみ・ラグ・帽子などは毎回すべてお子さま用の無添加洗剤にて洗濯しております。また、体温調節ができない新生児のお子さまに合わせて温度管理には常に配慮させていただきます。

基本的に太陽光での撮影を基本としておりますが、お部屋が暗い場合や昼間の時間に撮影が難しい場合は、ストロボ(フラッシュ)にて撮影させていただきます。ストロボに関しては光の強さは最小にて撮影いたします。光の明るさの計測結果は日常生活で浴びている光と同等・もしくは弱いものとなりますのでご安心ください。それでも抵抗がある場合は定常光(お部屋の電気のように常に光を発しているもの)での撮影を行いますので事前にご相談ください。

撮影時はお子さまにふれる手指の消毒・マスクの着用を徹底させていただきます。

健康管理には十分注意しておりますが、撮影者に感染症(インフルエンザ・RSウィルス・ヘルペス・流行性結膜炎など)の症状がみられる場合は撮影を中止させていただくことをご了承ください。改めて撮影日を設けさせていただくか、代わりの撮影者をご紹介できる場合はそちらで対応させていただけますようお願い申し上げます

 

また撮影にお伺いするご家族さまに上記感染症の症状がある場合も同じく撮影の延期をさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。


撮影時、お子さまの安全に細心の注意を払っておりますが、万が一、事故や怪我などが発生した場合の一切の責任は負いかねますことをご了承ください。撮影時は必ず保護者の方の同席をお願いいたします。

 

また家具や調度品につきまして、高価なものは撮影場所から離してしただくようお願い申し上げます。

 

ご予約は28週以降でお願いいたします。

機材のメンテナンス・取扱いには十分配慮しておりますが、万が一、故障や盗難によりお写真をお渡しできない場合は、撮影料の全額返金と金壱万円にてお許しくださいますようお願い申し上げます。

 

また健康管理には十分注意しておりますが、私ひとりで携わっているため、事故やトラブル・感染症の病気などによる緊急事態で撮影にお伺いすることができない場合、日程の変更や他のカメラマンが撮影にお伺いすることがございますことをご了承ください。